閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

アポローニャvsマツモト ワールドカップ2014

男子ワールドカップがドイツのデュッセルドルフで始まっています。まずはグループリーグのアポローニャvsマツモトの動画を。


日ペンの雄・ブラジルのマツモト。近年のワールドツアーを唯一、日ペンで制した選手です。ペンホルダーの特徴を最大限に活かした台上技術が秀逸ですが、シェークのバックとも十分に戦えるバック技術の多彩さも素晴らしい。フォアハンドは「ワールドクラスのトップ選手」というカテゴリで見ればやや劣っていると思いますが、これまたペンホルダーグリップの長所を活かし、コース取りが非常に巧みです。絶滅危惧種の日ペンでここまで戦えるというのは、個人的にちょっと感動モノです。

アポローニャもラリー戦の強さを存分に発揮しています。一時ケガで戦線離脱していましたが、何か以前よりボール捌きが凄く巧みになったように見えますね。この間のヨーロッパ選手権でもオフチャロフに勝利していましたし、いよいよ脂が乗ってきた感じです。ネタバレではありますがこのグループリーグを1位通過し、本戦1回戦では盟友フレイタスをストレートで降しベスト8入り。

マツモト、アポローニャ、両選手ともに特徴がよく出たナイスゲームです。

2014 Men’s World Cup
Cazuo Matsumoto (BRA) vs. Tiago Apolónia (POR)


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2014年10月25日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • ジン
    • 2014年 10月 26日

    他のベスト8には誰が残ったのですか?

    • 管理人
    • 2014年 10月 26日

    アポローニャの他は、馬龍、水谷隼、荘智淵、ボル、オフチャロフ、張継科、そしてナイジェリアのアルーナです。

    • ヨコハマジョージ
    • 2014年 10月 26日

    サービスからのコース取りはショートで振るところなんかヘ・ジウェンにそっくりですね。ショートが本当にうまいですね。

    • 名無し
    • 2014年 10月 27日

    個人的には、バックショートのうまさでは高礼澤に軍配が上がると思います。
    ただ、マツモト選手の台上の多彩さ、独創性には惚れ惚れしますね。
    フォアの超ループドライブも個人的に大好きです。

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球情報シェークハンズ
ページ上部へ戻る