menu
閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

馬龍vs丹羽孝希 ドイツオープン2016

ドイツオープン2016男子シングルス2回戦、馬龍vs丹羽孝希の動画です。


1回戦でフェゲルル選手を打ちぬいた丹羽選手。用具を変え今季は心機一転のシーズンとなりますが、世界1位の馬龍相手には如何に。

さてその馬龍選手、さすが世界チャンピオンと唸らされるようなプレーの連続です。フェゲルル選手だとまだブロックで済んで(?)いたボールも、強烈なカウンターになって返ってくるのは何とも。なぜにあのラリーの中で、フォアストレートにカウンターをかますことができるのか…異次元ですね。

丹羽選手のプレーも決して悪くなかったと思うのですが、馬龍選手の盤石の強さの前には、打開策が見えない状況だったように思います。

オリンピックまでに、その差をどこまで詰められるでしょうか。

German Open 2016 Highlights: MA Long vs NIWA Koki (R16)

2016年2月5日

関連記事

  1. オフチャロフvs張継科 クウェートオープン2016

  2. 許シンvs馬龍 韓国オープン2016

  3. 石川佳純vs伊藤美誠 ドイツオープン2016

  4. 張継科vs馬龍 クウェートオープン2016

  5. カルデラーノvs松平健太 オーストリアオープン2016

  6. 大島祐哉/丹羽孝希vs馬龍/張継科 チャイナオープン2016

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • センコーファイブ
    • 2016年 2月 06日

    私は丹羽選手と似たような身長・体格の人間なので、こんな試合を見てしまうと同情してしまいます。プラボールになってパワーの重要性が増しているので・・・ますます不利ですね。

    • クワイ
    • 2016年 2月 06日

    小柄な人は、大きい人よりも早く態勢が作れるので、必ずしも不利ではないはずですが、大きい体を機敏に動かすトレーニングを積んだ相手には、少なくとも同等の努力をもって対抗しないといけないですよね。同じ努力なら、相手より早く動けるので負けないはずです。あと、バックにチャンスボールが集まってくるのにカウンタースマッシュしないのが残念な感じですね。馬龍のドライブのパワーを利用しない手はないでしょう。バックハンドに大きな伸び代があるような気がしますが。

    • スピード21
    • 2016年 2月 06日

    馬龍選手、凄まじいまでの強さですね。つけ入る隙もありません。降参!という感じです。
    全盛期に突入したという感じですね。私の感覚では、北京五輪~2009世界選手権の間の時期もまさに手が付けられない程かなり当たっていたと思うので2度目の全盛期という感じですかね。その時並みに手が付けられないという感じがします。
    あとはこの調子を維持できるかですね。五輪金メダルに向けて残る敵は自分自身でしょうか。

    • オールラウンダー
    • 2016年 2月 06日

    体調を崩していたジャパンオープンだけですねえ、元気なかったのは。他の大会は全部勝っているような気がしますが。入れるのに精一杯と思われる球をいとも簡単に、カウンターでストレートに返すなんて呆れかえります。違う世界の卓球を見せられております。

    • ビスカリア
    • 2016年 2月 06日

    丹羽選手、下半身が弱いというかそんな感じがします。
    左右に振られたときに戻りきれていない場面がしばしば。。。
    全体的に筋力不足ですよね。

カテゴリー

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る