menu
閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

水谷隼vsワン・ゼンイ ポーランドオープン2015

ポーランドオープン2015男子シングルス2回戦、水谷隼vsワン・ゼンイの動画です。


ポーランドといえば、絶滅危惧種・ペン表のワン・ゼンイ。1回戦で香港の江天一を4-2で破っています。やるなあ・・・。

しかし、我らが水谷選手が順当に勝ったのは嬉しいのですが、負けたのがペン表というのは悲しいorz。

ワン選手、ペン表らしい素晴らしい連続攻撃も見せています。裏面バックハンドや、ペン表特有のナックルショートなどもお見事です。ただ、今ひとつ単発気味なのが惜しい所。先手を取られた時や、大きく振られた時の安定感は往年のペン表の名選手と比べてやや劣るところか。腰のサポーターをまだつけているあたりから見ても、腰痛が慢性化してしまっているのでしょうか・・・。

水谷選手は落ち着いたプレーで地元のワン選手を攻略。まだまだ余力を残しての勝利に見受けられます。

ナイスゲームです。

Polish Open 2015 Highlights: MIZUTANI Jun vs WANG Zengyi (R32)

2015年10月30日

関連記事

  1. M.カールソンvs許シン スウェーデンオープン2015

  2. イム・ジョンヒョクvs吉家乐 ピョンヤンオープン2015

  3. カラカセビッチvs松平健太 ブルガリアオープン2015

  4. 森薗政崇/大島祐哉vs趙彦来/金東賢 クロアチアオープン2015…

  5. 黄鎮廷vs李平 クウェートオープン2015

  6. 福原愛vs木子 中国オープン2015

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • 虎吉
    • 2015年 10月 30日

    水谷選手はフェゲルル選手のようにもっと前陣でプレーできるようにならないと、残念ながら中国トップクラスの選手の相手にはならないでしょうね。
    この卓球では勝てない。
    今大会は中国選手に辿り着く前に香港の選手にすら負けてしまった。
    台上やレシーブもフェゲルル選手に比べると、アグレッシブさや多彩さに欠けます。

    • TECHNIC-3
    • 2015年 10月 30日

    中国選手に勝てないというのは確かにそうですが、この試合に関しては前陣でプレーできないのは相手が前陣速攻型の表ペンというのも考慮するべきでしょう。
    それにフェゲルル選手を高く評価してるのはわかりますが、台上やレシーブの多彩さという面では水谷選手のほうが上でしょう。

    • steven
    • 2015年 10月 30日

    水谷選手や石川選手もそうですが、個人的に決定力に欠ける気がします。安定性や総合力だけなら中国選手と互角か下手をすればそれ以上でしょう。しかし爆発力というか切り札を持っていないのが辛いですね。馬龍や許昕などの全・中・後陣どこからでも一発で抜きされるようなパワードライブが欲しいですね。

    • ニセ
    • 2015年 10月 31日

    ワン・ゼンイ選手、同戦型ということもあり、ずっと注目してきました。末永く活躍して欲しいところであります。ところで、同選手、ジャストミート氏に似てませんかね?

    • あげくのはてお
    • 2015年 10月 31日

    スコアは余裕の勝利にみえますが、やりにくそうに見えました。ワン・ゼンイ選手の効果的なナックルスマッシュ、ナックルショート。ただワン選手、決める球に対して決めきれていない。凡ミスも有り互角の試合だったように思います。

    • 匿名
    • 2015年 11月 01日

    3年ぶりにこのサイトに来ましたが、
    管理人さん変わってませんねえww
    相も変わらずペン表がお好きなようで懐かしさと共に
    安心しました。
    現環境では育ちにくい(マイノリティなため)ですが、
    是非少数でも世界で活躍するペン表を扱う選手が増えると良いですね。

カテゴリー

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る