menu
閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

サマラvs福原愛 チェコオープン2014

チェコオープン2014女子シングルス決勝、サマラvs福原愛の動画です。


今年の世界選手権を怪我で欠場、前節のベラルーシオープンも2回戦で敗退し、状態が心配されていた福原選手ですが、復活の狼煙・・・ですかね。この大会では調子もかなり上向きのよう、若宮選手と組んだダブルスで優勝し、シングルでも準々決勝でハンガリーのポータを4-1、準決勝ではドイツのウー・ジャデュオをフルゲームで振り切り、決勝に進出しています。

方やルーマニアのサマラ選手、こちらは絶好調のようです。阿部恵、P.ゾルヤ、リウ・ジャら強豪を次々と沈め、準決勝では第1シードの石川佳純をも4-1で粉砕しています。

まさに「女ティモ・ボル」といった趣きのある卓球をするサマラ選手ですが、ドライブの威力はフォア・バックともに女子選手としては頭ひとつ抜けている感がありますね。中陣まで下がっても打ち抜ける威力があり、福原選手にしろ石川選手にしろ、ブロックしきれないことしばしば。ナックル性のブロックやドロップショットもほとんど苦にした様子がありません。逆横サーブやチキータ等も使うプレーは、男子さながらです。

福原選手も怪我の影響を感じさせないパワーアップしたプレーを見せていますが、厳しいコースへの速攻連打など、(旧姓)星野美香さんが専属コーチに付いた良い影響が出ているのでしょうか。アグレッシブさが増した分、若干ミスも増えたようには感じますが、そこは攻撃力とのトレードオフか。

最後の最後までもつれる白熱の試合になりましたが、どちらも素晴らしいプレーです。

Czech Open 2014 Highlights: Elizabeta Samara Vs Ai Fukuhara (FINAL)


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2014年9月1日

関連記事

  1. 石川佳純vs福原愛 ロシアオープン2014

  2. シャン・シャオナvs朴英淑 韓国オープン2014

  3. 村松雄斗vs楊恒韋 ジャパンオープン2014

  4. 樊振東vs方博 スウェーデンオープン2014

  5. オフチャロフvs水谷隼 ワールドツアー2014・グランドファイナ…

  6. ハベゾーンvsワン・ヤン ハンガリーオープン2014

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • 金曜会
    • 2014年 9月 01日

    愛ちゃん惜しい!!

    • グーグー
    • 2014年 9月 01日

    いい試合です。結構効いてるように思います、福原選手のバックブロック。
    強化するとすれば三球目攻撃のバリエーションでしょうか。途中から攻撃出来なくなってました。

    • 匿名
    • 2014年 9月 01日

    福原負けたけど凄い!

    さすが日本のエース!

    • 愛ちゃんファン
    • 2014年 9月 02日

    愛ちゃんがフォアハンドでこれほどビシバシ打ち込むのは初めて見たかも。前よりスイングが鋭くなった感じがします。
    愛ちゃんはプレッシャーの掛かるポイントでも思い切りよく振り切れているのが頼もしかったです。
    今回の勝負はサマラ選手が愛ちゃんのフォアを抜くことが多く、悔しい結果になりましたが、ナイスゲームだと思います。

    • utiha sasuke
    • 2014年 9月 02日

    サマラ選手の球早すぎ(笑)

    • NAO
    • 2014年 9月 02日

    いい意味で、愛ちゃんってこんな選手だったっけ?と思わせるプレーでした。

    • YS11
    • 2014年 9月 02日

    これは女子卓球の価値を高める試合。ライブで観ていました。どちらが勝つか初めから終わりまで分からないという醍醐味です(中国不参加だとこう面白くなる)。
    3球目回り込み攻撃など愛ちゃんも故障後を感じさせないプレー振りです(左足首に赤いテープも)。これは9月から10月にかけての韓国仁川アジア大会に期待できます。一方サマラ選手はリュウ・ジャ、石川戦から当たり出しました。阿部、Pゾルヤ戦はぎりぎりでしょう。しかしバックストレート打ちの決定力はボル様以上か(笑)日本選手がなかなか勝ちにくいタイプです(中国もひょっとして警戒かな)。
    表彰式では二人が笑顔で語る場面も・・同じ年齢と愛ちゃんの人柄の故なのか、ひりひりする試合の後なので何かホッとしました。

    • 愛ちゃんファン
    • 2014年 9月 04日

    第3ゲームは9-6からの5連続失点。
    第4ゲームは9-6から失点して、9-7で愛ちゃんのタイムアウト後、ポイント取って、10-7まで行きながらの4連続失点。
    というように、この落とした2ゲームはゲームの流れから言って、勝ちそうなところだっただけに、もったいない。
    これで負けたら悔しいでしょうね。
    表彰台でその悔しさを表すようにサマラ選手の手をぐっと握って
    それがあまりに強いもんだから、サマラ選手は「手が痛い痛い」してましたもんね。
    もちろん、後でごちゃごちゃ言っても、それがサマラ選手の強さだからしょうがないんですが。
    両者激しい攻め合いの素晴らしい試合でした。

    • 匿名
    • 2014年 9月 24日

    サマラはトップ10に入ってきますかね?
    白人の一桁ランカーを見てみたいです。

カテゴリー

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る