閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

イェレルvs水谷隼 ドイツオープン2014

ドイツオープン2014男子シングルス準々決勝、イェレルvs水谷隼の動画です。


スウェーデンのイェレルは今回、かなり調子がいいようです。初戦からロシアのスカチコフ、中国のLYU Xiang、香港のチェン・ユックと強豪を連破してベスト8に進出しています。対する水谷は、ポーランドのワン・ゼンイ、香港の黃鎮廷、中国若手の周啓豪を沈めベスト8入り。

試合は見栄えのする大きなラリー戦になります。フォアもバックも球威という点では大きな差はなく、共にラリー戦を得意とするタイプだけに、コース取りや変化が勝敗の決め手になりそうです。その点では特に後半の水谷選手が冴えてましたが、ううむ、イェレルも強いですね・・・。

で、準決勝の相手はドイツのメンゲル。昨年ボルを破りドイツの国内チャンピオンになり(現チャンピオンはオフチャロフ)、この大会でも第1シードの王皓をフルゲームで沈めるなど、近年メキメキと実力をつけている模様。そして準決に勝てば、恐らく決勝はオフチャロフ。

今年は中国のバリバリトップが参戦せず、ボルも棄権となったドイツOPですが、混戦模様の大会を誰が制するか・・・楽しみですね。

German Open 2014, Men’s Singles Quater Final
Jun Mizutani (JPN) vs. Par Gerell (SWE)


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2014年3月30日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • モンチ
    • 2014年 3月 30日

    王皓はおそらく塩野との試合で肩を痛めてしまっていたため、メンゲルに負けたのだと思う。

    • 裏面ドライブ
    • 2014年 3月 30日

    うーん
    本音を言うとこのレベルにはさっくり勝ってほしいですね

    • 匿名
    • 2014年 3月 30日

    さすがにあれくらいの試合で肩は痛めてないでしょう。

    • 匿名
    • 2014年 3月 30日

    イェレルはブンデスリーグでも活躍してる世界レベルの選手であり、このレベルなんて言える選手ではない
    こういった試合に出ている選手はみな世界各国から送り出された選手であり
    当然その選手の中で勝ち残っているから準々決勝にいるわけだ
    もっと考えてからものを言おう

    管理人も何のためにコメント承認制にしたのか
    あんなコメントを承認しているようでは管理人も同じに見られても仕方がないぞ

    • 2014年 3月 30日

    さくっと勝ってほしいといっても
    中国のfanや周雨だって格下に負けることはあるので
    ここまで安定して勝てる水谷選手はすごいと思います。

    • モンチ
    • 2014年 3月 30日

    イェレルは普通に強いと思う。
    安定して両ハンド強打を打ち込める選手。
    でも水谷もどちらかというとさっくり勝っているような。。
    そして前回の馬龍に続き、王皓も肩を痛めて次のラウンドで敗退。。(重要なことは2度いうw)

    • 管理人
    • 2014年 3月 30日

    確かに我々を基準にイェレル選手を「このレベル」といえば不遜極まりないですが、水谷選手は世界選手権やオリンピックで中国を倒しメダルを取ることを目標にしている選手で、日頃からそのことを公言もしているわけで。目指すところは「超」世界レベルですから、我々でなく水谷選手を基準にして言うなら、「世界レベルの選手」はねじ伏せるぐらいでないと、張継科や馬龍らの背中はまだ遠い・・・じゃないですか^^。中国トップ選手を倒せる「超」世界レベルの選手になってほしいですし、実際そのポテンシャルもあると思うからこその、「このレベル」ということで、私は理解しています。

    • 管理人
    • 2014年 3月 30日

    ただ付け加えて言うなら、水谷選手が全力を出し切っての4-2だった・・・とは思いませんね。この試合は、まだいくらか力をセーブしての4-2だったのでは。

    • しの
    • 2014年 3月 30日

    僕も管理人様の言うとおりこの試合の水谷はイェレルのドライブの威力も凄いのもあるかもしれませんが結構下がってプレーしていたように思えます。
    前でも捌けるはずなのに…多分オフチャロフに勝つ為に色々模索しているのかもしれませんね

    • ん?
    • 2014年 3月 31日

    ただ、バックにドライブを送られるとどうしてもフィッシングが増えるのは昔と変わらない。こういうプレーは押されたときに粘るためには有効だが、常用するのは打倒中国のために少しも寄与しない気がする。バッククロスのラリーからバックストレートに打つ決め球は見事で、エースボールといってもいいかも。

    • 匿名
    • 2014年 3月 31日

    おもろいラリー多いなwwwww

    • モンチ
    • 2014年 3月 31日

    よく疑問に思うのが、
    「中国選手に勝てる選手は、その他の選手をボコボコにできなければならない」
    という考え。
    相手の選手を中国選手の劣化版と捉えてるところが違う気がすると個人的に思う。
    プレースタイルも全然違うんだから、中国選手とは違った強さもある。
    サッカーでも、
    「W杯で勝つためには、アジアのチームをボコボコにできなければならない」
    という考えがある。
    例えば、イラクとスペインじゃサッカーが全然違うのに。
    ガチガチに引いて守るチームと攻撃力の高いチームでは、似たようなスコアにはならない。
    水谷選手はすでに世界のトップランカーなので、相手も捨て身で向かってくるだろうし、分析もされている。重要なのはスコアよりもどんな相手に対しても勝ちきれること。
    その点、負けていない水谷選手は超世界レベルに着実に近づいていると思う。

    • 下手の横好き
    • 2014年 3月 31日

    4のコメントについて一言。
    私も長年このサイトを見させていただいて、時々「上から目線」のコメントが見受けられるのが気になっていました。「一流選手のプレーに対してこのコメントをするということは、少なくとも全日本出場レベルの方なんでしょうねえ…」などと思うこともありました。
    しかし、ここは「一流の技を動画で学べ!」というサイトですので、紹介された動画に対してあれこれ論じることも大事かと思います。一流の選手に敬意を払うのは当然のことですが、遠慮しすぎて自由にコメントできなくなるのもどうかと思います。
    厳密に自分の実力をわきまえてコメントすべし、ということになると、日本代表選手しかコメントできないことになるでしょう。
    あとで管理人さんがフォローされていましたが、「このレベル」ぐらいの表現であれば問題ないと思いますよ。
    むろん、本当に選手に失礼なコメントを載せるのはよくないことですが、そのへんの判断は管理人さんに委ねればよいかと思います。
    長文になってしまいまして、失礼いたしました。

    • 卓球侍
    • 2014年 3月 31日

    まぁまぁ我々一般人が何を言ってもプレーをするのは水谷選手ですし
    彼の好きにやってもらうのが一番なのでは?
    プレーに関してはいろいろ模索していると自分は考えています

    • PET
    • 2014年 3月 31日

    中国を基準にしたら、話が進まん。
    水谷選手なりのやり方で打倒中国を目指すのだろう。
    思わぬ相手に苦戦することもあるよ。(今回は苦戦とは言えないけど)

    • 裏面ドライブ
    • 2014年 3月 31日

    私の発言が原因でお騒がせしてすいません
    しかし管理人さんのコメントにもあるように
    打倒中国をスローガンにしてるからには
    イェレルにはある程度の余裕を持って勝って欲しかったです
    しかし私からしてみたらかなり競った試合に見受けられましたので
    上のコメントをしてしまいました

    あと選手批評については色々意見があるとは思いますが
    その選手より強いレベルでないと批評してはいけないのであれば
    可能な人はいないのではないでしょうか?

    • てんさい☆
    • 2014年 4月 01日

    イェレル選手のサーブが上手すぎると思いました。水谷選手は普通にレシーブしてましたが非常にわかりにくくて取り難いサーブです。

    • グーグー
    • 2014年 4月 03日

    水谷選手には良い練習になったのではないでしょうか。
    この時期、実戦が最も良い練習になると思います。
    フィッシュも後半(4:50あたり)でイェレル選手がミスったように、同じフィッシュではなくドライブ気味のフィッシュなど、テンポや深さを変えると効果的です。(その次のラリーでは逆に失敗していましたが)
    このように色々試すにも、ある一定以上のレベルの選手との真剣勝負が必要と思いますが、試しながら勝てる相手ならば、2セット失うのは許容範囲ではないでしょうか。まあ最後の2セットは競った感じで、確かに楽勝ではなかったです。

    • 某卓球高校生
    • 2014年 4月 16日

    イェレル選手、強いですね!サービスの巧さや攻撃の威力と安定性、下がった時の粘り強さなど、私が観た限りでは弱点らしい弱点が見当たりませんでした!

    それでもさほど苦戦することなく勝ってしまう水谷選手はさすがですね…これからも頑張ってほしいです!

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球情報シェークハンズ
ページ上部へ戻る