閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

馬龍vs水谷隼 クゥエートオープン2013

クゥエートオープン2013男子シングルス準々決勝、馬龍vs水谷隼の動画です。


水谷は2回戦でゴズィを一蹴し、ベスト8決定戦では中国の閻安フルゲームで沈めて準々決勝進出。相手は天敵・馬龍ですが・・・。

素晴らしいラリー戦を展開する水谷。フルスイングの球威では馬龍に一歩劣る水谷ですが、コース取りが素晴らしいです。広角に打ち分けたりミドルを抜いたりと多彩。第1ゲームを幸先良く奪い、第2ゲームへ。

しかし第2ゲームは馬龍も出足からエンジン全開。押し込まれる展開が増える水谷ですが、しかしただやられっぱなしというワケではもちろんなし。ブロックやフィッシュ・ロビングなどでしのぎ機を見て反撃するプレーは水谷の真骨頂ですね。兎に角凄いラリー戦です。

結果としては負けてしまうのですが、手応えは掴めた試合だったのでは。ナイスゲームです。

ちなみにベスト4に残ったのは、世界ランク1~4位までの4人。準々決勝の試合を見た限りでは、馬・許・王の3人はかなり好調そう(張継科の準々決勝は見てないので・・・)。馬龍vs許シン、張継科vs王皓ですが、さて誰が優勝するでしょうか。

Kuwait Open 2013, Men’s Singles Quater Final
Ma Long (CHN) vs. Jun Mizutani (JPN)


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2013年2月18日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • カッコマン
    • 2013年 2月 18日

    水谷選手、前よりもパワーがついてきているようにみえますが、やはりまだ馬龍には見劣りしますね。       それにしても最後の馬龍のサービスよくフォルトとられませんでしたね・・・

    • 呂林
    • 2013年 2月 18日

    おっしゃるとおり水谷選手いいですね。
    3球目を一発で決める場面が増えましたね。モスクワ大会以降、フィジカル強化、プレースタイル改善に取り組んできたと思いますが高レベルで纏まってるんじゃないでしょうか。が、まだ中国トップに比べると球威に劣るため力押しが出来ず、コースや打点、変化など厳しくせざるを得ない分、リスクを負わされてる感じですか...
    しかし、全日本を何連覇もしてる選手でここまで自分のプレースタイルを変えた人というのは過去にいないんじゃないですかね。過去の実績に安住せず常に上のレベルを目指す姿勢は素晴らしいと思います。

    • 影虎
    • 2013年 2月 18日

    少し前に比べ、フォアのスイングの位置が高くなり、高い打点での強い打球が可能となりました。また、バックのカウンターも鋭く、より完璧なプレースタイルとなってきました。すべての技術に加え、ボールを砕く(割る)ほどのインパクトがあれば、対中国相手に、まだまだ強くなれる可能性があることが、この試合ではっきりしました!

    • a
    • 2013年 2月 18日

    どこがフォルト。

    • jj
    • 2013年 2月 18日

    あきらかに体が
    覆いかぶさってるところです。

    • ワヒャー
    • 2013年 2月 18日

    Youtube のコメントに英語で
    「水谷はブースターを使うべきだ。彼の球は遅く見える。」と書かれてましたよ。(笑

    • ttf2号
    • 2013年 2月 18日

    それにしても、中国の代表選手の守備力は、(男女とも)すごすぎる。

    • ニセミズタニ
    • 2013年 2月 18日

    水谷選手も最後のセット惜しかったですね。
    しかし前よりはプレーも良くなっているような気がします。
    やっぱり、2013の全日本での丹羽戦で前陣プレーが鍛えられたのでしょうか?

    あと申し訳ないのですが、あればでいいのですが、森薗政崇VS黄鎮廷の動画があれば、UPを出来たら出いいので、してもらえますか?本当にスミマセン。

    • KO
    • 2013年 2月 19日

    ニセミズタニさん,
    ITTF の itTV でフル動画が見られますよ.
    http://www.ittf.com/itTV/
    から,左の方の PLEASE SELECT A VIDEO で
    2013 Kuwait Open を選び,真中くらいにある
    Men’s Singles (Pre. Rounds) の一番上に
    森薗対黄があります.
    水谷対馬龍のフル動画もあります.

    • YS11
    • 2013年 2月 19日

    1ゲーム目9オールからの2本は素晴らしいラリー、水谷の最高のプレー、痺れました。5ゲーム10-7では、これは取って欲しかったが・・
    ロビングを5本以上は試みていたが得点はならず。そこで馬龍は水谷のバックにミスなく打ち込み反撃をさせていない。水谷は’魅せる’プレーもいいが、今後勝負の観点では(相手にもよるが)どうでしょう?
    しかし中国若手ヤン安(最近中国トップを続けて食っている選手)には競り勝った。これはさすがに水谷と感じました。中国トップも射程圏内かな。しかし国際試合で彼らに勝つことは大変ですね。

    • advance
    • 2013年 2月 19日

    馬龍選手スマッシュのときは球速を出すためかラケットを反転するんですね。面白い工夫ですね。水谷選手は全日本のときも感じましたがパワーとフットワークに磨きがかかったと思います。

    • ニセミズタニ
    • 2013年 2月 19日

    KOさん、ありがとうございます。ためしに見てみます。
    あと森薗選手にゲームオールで負けてしまった黄鎮廷って実はこの後推薦で、トーナメントに推薦で選ばれて、今大会で優勝した張継科をゲームオールのデュースまで追い詰めているんですよね。今大会の優勝者の張継科を一番苦しめたのが馬龍でも許シンでも王皓でもなくまさか、森園選手にゲームオールで負けた黄鎮廷だったなんて驚きですよ。

    • juman
    • 2013年 2月 21日

    どこがフォルトやねん

    • 粘着
    • 2013年 2月 21日

    中国選手はフォア面粘着バック面テンションラバーって組み合わせが主なので、スマッシュの時は
    ほとんどの選手が反転してますよ^^

    最後の馬龍のサーブ、水谷選手のレシーブがすごい左に飛んでっちゃってますが何回転なんでしょうか??
    下か下横にしか見えませんけど逆回転の方が入っていたんでしょうか?

    • カッコマン
    • 2013年 2月 21日

    私もルールに関しては専門家ではないですが、たしか「トスを上げてからインパクトするまでの間、ボールとネット両端のサポートを結ぶ「三角形」の中に、レシーバーの視界をさえぎるもの(腕、ユニフォーム、ダブルスパートナーの身体など)を入れてはいけない。ボールを隠すような動作をした場合も違反となる」となっているはずでした。 長文申し訳ありません。

    • ??????
    • 2013年 2月 21日

    にしてもクウェートオープンをライブで見てみたけど、今回の日本選手の監督のタイムアウトの取るタイミングは全体的に非常に最悪でしたね。
    まず、平野選手のときはセット数1-2で負けていて、点数が8-8のときに相手がタイムアウトをとった後にもかかわらず、点数が9-9で相手サーブで、平野選手がレシーブの時にタイムアウトをとっているし、しかもその後結局9-11でそのセットとられているし、他にも村松選手のときもセット数1-2で負けていて、点数が村松選手が8-7で勝っているところで相手がタイムアウトをとった後にもかかわらず、8-9で逆転されたときタイムアウトをとっているし、さらに同じくそのセットも8-11でとられているし、この水谷選手のときも、セット数1-3で負けていて、点数が10-7で勝っていたところを10-11で逆転されるまえの10-9のときにタイムアウトをとればよかったのに、その逆転された後の水谷選手がレシーブのときタイムアウトとって、結局最後相手のサーブ取れないで逆転負けさせてるし、今回の監督は全体的にタイムアウトをとるタイミングが悪すぎます。ていうか、平野選手と村松選手と水谷選手の試合のときについていた日本の監督って3人とも同じ人ですか?

    • ニセミズタニ
    • 2013年 2月 21日

    水谷選手が前より強くなったって言うのもありますが、馬流は最初の第1セット目は明らかに様子見でしたね。
    水谷選手がいる方向に打球を返したりしていましたもんね。

    • だいこんボーイ
    • 2013年 3月 23日

    ニセミズタニさん馬流になってますよ

    • はるとら
    • 2013年 6月 03日

    ぜんぜんフォルトじゃないですね。
    かえって水谷選手のサーブのほうがフォルトギリギリでだしてますよ。
    馬龍選手の最後のサーブは純下回転に見せかけた回転量のある真横回転かなと思います。真横なのでバウンド時に軸の頂点が台に接して軌道はまっすぐかつ、回転量がありますので下回転のようにゆっくりしてます。
    水谷選手が最後にラケット面確認してますが、自分の予測と違ってたので、念のため汗でボールがぬれてなかったか確認して次の瞬間にはきずいていたのではないのでしょうか?あくまで推測ですが(笑

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ
ページ上部へ戻る