閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

馬琳vs李廷佑 韓国オープン2013

韓国オープン2013男子シングルス3回戦(ベスト8決定戦)、馬琳vs李廷佑の動画です。注目のペンドラ対決ですね。


馬琳は初戦でシンガポールのマー・リャンを、2回戦でスロバキアのケイナスを沈めこの試合。李廷佑は1回戦で日本の酒井君を4-1、2回戦で同じく日本の森薗くんをストレートで沈めています。

馬琳はフットワークや強打への反応が以前より鈍っているな・・・とは感じますが、テクニックは健在。台上での捌きや前陣カウンターなどは見事の一言です。世界選手権の協会推薦枠を取るためには、外国選手に負けていられない馬琳、ツアーの試合にしてはかなり本気度が高いようです。

日ペンの李廷佑は最近あまり活躍していませんが、衰えを感じさせない動きまくるプレーぶり、こちらも凄いです。フォアのスマッシュ気味強打も決定率が高いですし、ブロックも硬い。台上の技では馬琳に一歩譲りますが、フットワークと反射神経の良さで互角に渡り合っています。

互いに下がってラリーを引きあうようなタイプではないので試合展開が速いですが、見応えのある試合ですね。

Ma Lin vs Lee Jung Woo (Korea Open 2013) 1/8 Final


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2013年4月6日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • 優華
    • 2013年 4月 07日

    何の大会だったか忘れましたが、以前に李廷佑選手が馬琳選手に勝った時にはとにかく前陣でのカウンターに徹していたのを覚えてます。
    馬琳選手もその経験があるからなのか、今回は球を散らしていますね。それも単調にコースだけでなく長短も含めて。。
    戦術として普通にできるあたりが中国選手の次元の違いを感じさせます。

    • TECHNIC-3
    • 2013年 4月 07日

    馬琳に切れがもどってきた…?久しぶりに力強い回り込みドライブを見た気がします。

    • ??????
    • 2013年 4月 07日

    李廷佑すごいですね。あの馬琳と五分五分に遣り合っているなんて。(まあ水谷やオフチャロフに2回勝ったことがあるからおかしくはないか。)
    しかし、馬琳も出来れば、あの4点差で勝っていた3セット目は取っておきたかったですね。そうすれば、ここまで苦戦しなかったのに。

    • てってれ~
    • 2013年 4月 07日

    李廷佑選手、隠しすぎだと思います

    • 匿名
    • 2013年 4月 07日

    >てってれ~さん
     私も試合内容よりサーブが気になってしまいました。

    • 影虎
    • 2013年 4月 07日

    馬琳、本気モードですね!調子も上向きです!まだまだやれる中年の星!!! 李廷佑選手、もう一皮むければ?まだまだやれるニッペンの星ですね!

    • 許皓
    • 2013年 4月 07日

    馬林やっぱり勝つんですね。流石です。
    ところでこの韓国オープンで許シンとマテネがダブル組んでますよ。なんかすごいです。

    • zike
    • 2013年 4月 07日

    許皓さんの書き込みを見て、そのダブルスの試合を見てきました!
    張継科も徐賢徳とダブルスを組んでましたね。期許とマテネのダブルスはなんかプレーが面白いですね笑

    • 呂林
    • 2013年 4月 07日

    うーん、馬琳の劣化が激しいですね。李廷佑が良いということもありますが、ミスが多いですし、決めに行ったボールもほとんど一発では決まらないですね。
    私の印象ではで世界のトップを狙えたのは2010年の前半くらいまでではないかと思います。それ以降は若フィジカルの衰えが日に日に増して最近は技術にまで影響を及ぼしているように見えます。卓球のパワープレー化、チキータ・台上BDの大流行もベテランの馬琳には不利な要素でしょう。
    本人の思いはわかりませんが、この状態で世界選手権シングルスに出場してトップランカー以外に負けてしまう姿というのは個人的には見たくないですね。

    • YS11
    • 2013年 4月 07日

    李廷佑は世界23位の力を保持しているよう。森薗君との試合は強さを見せました。今の森園君は若手男子で最も伸びてきた選手、今回徐賢徳wr57に勝っていた。U21でフランス若手代表格のゴーズィwr109を破った試合は見事でした。今年のジュニア代表での活躍も楽しみです。
    中国選手との国際ペア?女子で福原/丁寧対石川/李暁霞(劉詩ウェン)を一度見たいかな。このペアだと言葉も大丈夫です(笑)。今回は男子決勝で韓中の選手たちは途中笑顔や会話がほとんどなかった。が、やはりベスト4を独占してしまった。

    • 若年寄
    • 2013年 4月 07日

    >台上の技では馬琳に一歩譲りますが
    この表現を劣るといわずに譲るとかくあたり何となく
    管理人の日ペンへの愛を感じる。

    馬選手は年齢的なものがあってもまだやれそうです。
    トップは厳しいでしょうが。

    あと、李選手のサーブ隠れすぎじゃないですかねえ?

    • ??????
    • 2013年 4月 07日

    コメント2回目です。
    今度は馬琳に対してコメントします。
    この動画をきっかけに、馬琳の試合を見ようと思い、この後の王皓戦と約1年前の韓国オープン丹羽戦を見ました。
    そしたら気が付いたことに、馬琳はこの李廷佑戦とこの後の王皓戦や前の丹羽戦のときも、大差で勝っていたセットを逆転されてとられているんですよね。本当に逆転されなければ、もっとうまくいっていたのにって思ってしまいます。馬琳の場合は年齢や劣化や故障が原因というよりは、すぐに逆転されてしまうというのが欠点だと思います。(すぐに逆転されてしまう選手は、どんなに点数が離れていても相手にほとんど怖がられませんからね。)なぜ馬琳は結構逆転されることが多いのでしょうか?分かる方は教えてください。

    • jj
    • 2013年 4月 08日

    マリンは大きく得点をリードしたセットでサービスを変えているんです。・効いているサービスに慣れられないようにしたり、温存
    する。・多彩なサービスを出し相手を翻弄したり、的を絞らせないようにする。
    つまりこのセットを落としても次どうすればいいかわかってるんです。
    だから試合の終盤・大事なところでは見抜いた相手の弱点を執拗に攻めてとることができるんです。
    マリンが競ってもほとんど勝てるのはこのためだと思います。
    ただ今回の試合はアウェーにしても競りすぎですね。
    打ち損じ打ち急ぎが目立っていました。

    • てってれ~
    • 2013年 4月 08日

    見直してみたらマリンも結構隠れてました^^;

    審判の裁量ぎりぎりでサーブを隠す隠さないっていうのをやるのも、ある意味テクニックなんですかね^^;

    それなら、、この二人、勝負師ですね!二人に限りませんが。

    • グーグー
    • 2013年 4月 09日

    馬琳は若干パワーは衰えたかもしれませんが、反射神経やテクニックでは、まだまだ出来ると思います。
    中国は若手が伸びているので、相対的に衰えた感じがするだけで、百戦錬磨の経験は、そう取りこぼししないと感じます。

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球情報シェークハンズ
ページ上部へ戻る