閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

閻安/李尚洙vs張一博/松平賢二 韓国オープン2013

韓国オープン2013男子ダブルス1回戦、閻安/李尚洙(中国/韓国)vs張一博/松平賢二の動画です。


この大会のダブルスで、中国との国際ペアを組んでいる韓国。中国の次世代エース候補と組んだのは、若手の李尚洙です。張継科ばりの両ハンド速攻プレーを信条とする李尚洙と、似たようなタイプの閻安、面白いペアリングですね。

試合は終始競り合いの展開で最終ゲームまで。付かず離れずの鍔迫り合いは見応えあります。それにしても、中韓ペアは台上バックドライブが巧い。勝負どころでは積極的にバックで回りこみ攻めこんできます。日本ペアは右利きの松平選手がバックハンドで回りこんでしまうと、張選手の視界を一瞬塞ぐ形になってしまうので、よほど自信がないと際どい場面では使えないでしょうが・・・。決勝戦では張継科が左利きの徐賢徳に全くお構いなしで^^台上BDをかましまくり、そして決めまくっていましたが、ワールドクラスでもそこまで出来る選手はほんの一握りでしょうね。

結局際どい競り合いを国際ペアが制し、次戦では王皓/鄭栄植を沈め、準決勝で馬龍/李廷佑の前に沈みます。

Korean Open 2013, Men’s Dobles
Yan An / Lee Sang Su (CHN/HOR) vs. Chan Kazuhiro / Kenji Matsudaira JPN)


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2013年4月16日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 2013年 4月 16日

    惜しい~~~(+_+)
    最初リードしていたからなおさら悔しいですね。

    • sada
    • 2013年 4月 16日

    日本ペアはコンビネーションや戦術では中韓ペアを大きく上回っていたように見えましたが、レシーブバックハンドをほとんど受け止められていなかったところと、打ち合いでパワー負けしたことが敗因だと思います。
    台上バックからパワーで押し込んでくるペアは日本にはほとんどいないので対策は難しいと思いますが、頑張ってほしいです。

    • 大沼
    • 2013年 6月 30日

    この試合素晴らしかったです。松平選手張選手これからもがんばってください^-^メダル取れます必ず。

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球情報シェークハンズ
ページ上部へ戻る