閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

丁祥恩vsグスタヴォ・ツボイ クウェートオープン2013

クウェートオープン2013までプレイバックしまして。丁祥恩vsグスタヴォ・ツボイの動画です。


ハオ帥ばりの柔らかい速攻プレーを得意とするブラジルのツボイ。柔と剛が見事にマッチングした美しい卓球を展開しています。ため息が出そうですね。そして素晴らしいプレーで3ゲームを連取、第4ゲームも10-6と王手をかけ勝利を目前にしましたが・・・。

元世界ジュニアチャンピオンの韓国の丁祥恩、ここから強気のプレーで猛烈にまくります。そして、反比例するように萎縮していくツボイのプレー・・・。

結局このゲームをジュースで落とすと、一気にファイナルゲームまで持ち込まれてしまします。いやいや、「流れを失う」とは何と恐ろしいことか。勝負って怖いですね。

最終ゲームの勝敗は動画を見ていただくとして、丁祥恩、ナイスファイトです。

Kuwait open 2013
Tsuboi vs JEONG Sang Eun


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2013年4月22日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • hondy
    • 2013年 4月 22日

    プロアマ関わらず、試合でマッチポイントを握られている時の負けている側の選手の集中力はすごいですよね。
    試合というのは大抵負ける方のミスで決着がつきますが、楽にはそうしてくれないので大逆転が生まれるんだと思います。

    • グーグー
    • 2013年 4月 24日

    ツボイのマッチポイント直前のポイントは微妙なエッジボールだったので、普通ならそれで丁の心が折れそうになるのですが、直ぐにツボイ側がタイムアウトを取ったのが逆に良かったのでしょうか。
    マッチポイントを握ってのタイムアウトが流れを変えてしまいましたね。

    • ??????
    • 2013年 4月 24日

    確かに、2012年全日本の決勝のときに水谷選手がタイムアウトをとったときといい、タイムアウトをとったからとはいえ、必ず有利になるとは限りませんね。
    そう考えるとタイムアウトは慎重に使わないといけませんね。
    あとハオ帥に似ているといえば、安定感が少しないようなきがするが、コース取りのうまさが似ている様な気がします。
    あとハオ帥に似ているといえば、確かハオ帥も2005年世界卓球のメイス戦でで3ゲームを連取、第4ゲームも10-7とリードしていたところから、逆転されていましたよね。

    • わっほい
    • 2013年 5月 12日

    ツボイのバックのラバーは裏ソフトですが、
    表ソフトを使ってるように見える時がありますね。

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ
ページ上部へ戻る