閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

水谷隼vs呉尚垠 ジャパンオープン2012

ジャパンオープン荻村杯2012男子シングルス決勝、水谷隼vs呉尚垠の動画です。


ロンドンオリンピック代表同士の決勝戦。準決勝で水谷は絶好調のシバエフをフルゲームで退け、呉尚垠も好調のガオ・ニンを破り、決勝に進出しています。

それにしても呉尚垠、相変わらずカウンターブロックが巧いこと巧いこと。動きまくる水谷と比べ、その省エネぶりは・・・。もの凄いパワーボールはありませんが、どこに打っても止められ両ハンドでスパっとカウンターされてしまいますね。第3、4ゲームのプレーは圧巻。

第5ゲームが勝敗の分かれ目になった感がありますが、水谷が8-10から追い付き、激しいジュースの競り合いを制して王手。そして第6ゲームのプレーは、まさに水谷劇場です。

でも何でしょう、水谷はあまり前陣でのプレーにこだわり過ぎないほうが、持ち味をより発揮できるように思います。打倒中国のために「前で前で」という意識が近年強かった気がしますが、ジュア時代は「下がってのラリー戦が得意」と話していたように、前・中・後陣を縦横無尽に使うオールラウンドなプレーが一番しっくりきているのではと。対中国選手との相性は別問題としてですが。

水谷は3度目の正直で、ついにジャパンオープン初制覇。この優勝でロンドンオリンピックのシングルス第3or第4シードがほぼ確実になり、世界ランク維持のためのブラジルオープン出場も回避できるとのこと、何よりですね。時差の大きな地へのツアー転戦は、想像以上に心身を消耗させるものですし。ロンドン五輪でのメダル奪取に向け、勝利の美酒を味わいつつ、じっくり英気を養ってほしいですね。

Japan Open 2012, Men’s Singles Final
Mizutani Jun (JPN) vs. Oh Sang Eun (KOR)


(フル動画)


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2012年6月11日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • YS11
    • 2012年 7月 30日

    オリンピックが開幕しました。選手行進でフランスのA・マテネと我らが丹羽君の笑顔が目に留まりました^^。
    水谷選手への期待が高まっています。本人もこれ以上ない組み分けと語った。個人、団体ともにでしょう。4回戦メイスとの試合は卓球の面白さをTVで日本中に示す好機。準々決勝オフチャロフにはドルトムントのリベンジを(本来相性は良かったはず)果たして欲しい。
    団体は中国のブロックをはずれたのは好運。韓国はポルトガルとの激戦を経ての日本戦。数年前には若手に譲るかと思われた呉、柳両選手は昨年から盛り返してきた(女子の金キョンアも全く衰えをみせないですね)。しかし爆発力は失われていないか。ここは日本男子が若さの勢いで凌駕するチャンスでは!

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球情報シェークハンズ
ページ上部へ戻る