閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

周雨vsパイコフ ロシアオープン

ロシアオープン男子シングルス準決勝、周雨(中国)vsパイコフ(ロシア)の動画です。


バイコフは2007年世界ジュニアベスト4の選手。この大会ではクズミン、スカチコフ、リウェンツォフといった地元ロシアの先輩選手たちが数多く出場していましたが、最後まで生き残りました。初戦でドイツのカットマン・フィルスをストレートで下すと、2回戦で日本の軽部隆介もストレート。続く準々決勝で欧州選手権ベスト4のカラカセビッチをフルゲームの激戦で沈めてこの試合です。

主戦場が前陣ということろが欧州選手らしからぬところで、顔にモザイクをかけて「中国帰化選手です」と言われたら信じてしまいそうなプレーです。特にバックハンドのブロックやカウンターが上手く、このへんは皆さん参考にできる技なのではと。

対する2010年世界ジュニアベスト4の周雨。こちらはあまり中国選手らしからぬ(?)やや下がり目にプレーする選手。フォア・バックともに迫力満点のドライブを持っていてどこからでもぶち抜けるので、それを最大限活かすためでしょうか。先手を取って打たれると脆さも見せるようですが、このパワーはいやはや・・・。

どちらもこれからの選手なので、将来が楽しみですね。

Russian Open Men’s Singles Semi Final
Zhou Yu (CHN) vs. Mikhail Paykov (RUS)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2012年9月19日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (22)

    • CT
    • 2012年 9月 19日

    パイコフ選手はたしかに前陣でのドライブカウンタースタイルですね。
    日本でこのプレースタイルがはやっていますが、なぜでしょう?

    • 呂林
    • 2012年 9月 19日

    カウンタースタイルがはやっているのは現時点ではパワーで劣る日本選手が勝つ為にはこのスタイルが一番効率が良いからでしょうか。松平、丹羽の活躍も影響しているでしょうしNTの方針もあるでしょう。

    しかし、私には単なる「逃げ」としか思えませんね。
    簡単にいうと「日本人は体格で劣るから速攻で勝負」ってことでしょうけど、同じアジア人の中国、韓国はバリバリパワーフレーですが?と言いたい。ようはアスリートとして当然の「フィジカルを鍛える」っていうことが完全に抜け落ちてるとしか思えない。全く同じには考えられないですけどサッカーだってフィジカルが上がって強くなったじゃないですか、しかも外国のフォーメーション猿まねで無く日本的なスタイルで。

    また、このカウンタースタイルも、一部指導者が未だに推奨しているスマッシュもたしかに効果はあると思うが前中陣パワー系ラリーが主体のスタイルと比べると明らかに安定が不足している。調子の良し悪し、相性などの要素が大きすぎてトーナメントで上位に行くのは難しいと思う。

    他国と同じ事をしていてはダメだという考えも分かるが、最低限世界標準のプレーができなければ金メダルなど夢のまた夢でしょうね。

    • 2012年 9月 19日

    はじめまして。私も呂林さんの考えに同意です。ジュニアをはじめ、今の日本の若年層の選手は技術ばかりに偏りすぎてあまりに線が細いと思います。結果、先手を取って相手を後ろに下げても、攻めあぐねて一発で逆転されるということが多く見受けられます。去年の世界ジュニア団体の中国戦はそのわかりやすい例だと考えます。また、海外選手は少ない回数の攻撃でもラリーが終わるのに対して、日本選手は一点を取るために長いラリーを制さなくてはならないという試合もよく見るように思います。これでは精神的にも余裕がありません。国内では勝てても、国際大会では安定しないという選手には特にこの傾向が当てはまっているように思えます。
    水谷選手は高校に入って、中学時代に比べるととてもたくましくなりました。その頃から戦績も安定するようになりました。水谷選手は世界的に見て、ボールの威力が極端に高いというわけではありませんが、だからといって相手の威力に完全に打ち負けるという場面はあまり見られません(馬龍選手のような例外はいますが)。
    呂林さんがやはりおっしゃられていますが、技術においても各種身体能力においても最低限のものがなければ、どれほど際立った個性があろうとも世界で通用するはずはないのだと思います。
    見苦しい文を長々とすいませんでした。

    • ほし
    • 2012年 9月 19日

    身体が成長しきっていない時期に無理な筋トレをすると爆弾を抱える危険があるため、中高生の時点では筋トレを控えめにしているのではないでしょうか。

    • 影虎
    • 2012年 9月 20日

    パイコフ選手、なかなかキレの良いプレーヤーですね!
    久しぶりにガシアン選手を思い出しました。今回のゲームでは周雨選手の回転量の多いドライブや早いドライブには対応できていないようでオーバーミスやネットミスが多かったように感じました。周雨選手、世界で安定した結果が残せればトップランカー入りが近い選手かもしれませんね!

    • ドライブ満
    • 2012年 9月 20日

    筋トレもそうですが、体格もパワーに影響すると思います。例えば吉村選手は、まだまだ線は細いですが、腕が長くて身長も高めなのである程度パワーは出ていますし、この周雨も筋肉がそこまでついてるわけではないのに重いボールを打てています。
    育成する若手を選出するときに、体格も考慮に入れるべきではないですかね。「卓球は運動神経がなくても勝てる」というのはよく聞きますが、現代卓球ではそんなことはないでしょう。

    • CT
    • 2012年 9月 20日

    ガシアン選手はむしろオールフォアでよく動き回る選手です。
    あの選手はかなり体が鍛えられていました。
    今の日本卓球は違う。
    細い選手がちまちまと前陣で粘っているだけという感じもします。
    さらに攻められすぎると苦しくなる戦型です。
    同じアジア人の中国や韓国ができていることがなぜできないのでしょう。

    しかし、シェークは裏面が使えます。
    だから甘えちゃうんじゃないでしょうかね。
    ペンドラはオールフォア型が多いですからね。

    • 影虎
    • 2012年 9月 20日

    世界のトップクラスで頑張っている選手が甘えているとは思えません!筋力がない選手が筋力のある選手に勝てることは、勝った選手が強いからなのです。日本選手の非力なことを批判するならば、あなた方が非力な日本のトップ選手に試合で勝ってからフィジカルをもっと鍛えなさいと言えばすむこと!たいして卓球も強くない人間が言うことではないと思う影虎です。ここで批判するくらいなら宮崎監督か、日本卓球界にでも直訴すればすむこと・・・そう考えますが?

    • 呂林
    • 2012年 9月 20日

    出ましたね「文句を言うならお前がやれ」厨が。
    そんなものここに書き込みする人ができるわけないじゃないですか?
    それを承知で書き込みする場所じゃ無いんですかねここは?
    過去にも特定の選手に批判的な書き込みをすると「○○選手を悪く言うな!」みたいなこと言う人がいましたが管理人さんが許可している以上問題ないんじゃ無いですか?
    許可されてるから何でも良いとは言いませんが他人の意見は他人の意見として聞けないのですかね?
    そんなこと言ったらこういったインターネットコミュニティなど成立しないんじゃ無いですか?
    世界チャンピオンにでもならなければ書き込みできませんが!?

    少々乱暴ですが私の意見として書きます。お許しを。
    問題があるなら削除して下さい。

    • YS11
    • 2012年 9月 20日

    バイコフwr165にストレート負けの軽部wr145ですが予選リーグではカットキラー振りを発揮し候英超(中国)に勝ちました。本選でもディドフwr90に勝利。また瀬山が予選でバイコフにフルゲームジュースという大接戦です。昨年は全日本混合優勝でした。さらに今年の全日本やワールドツアーでは時吉選手の活躍も目立ちました。意外と言ったら失礼なこうしたベテランの頑張り、それは技術、卓球センスの成せることでしょう。

    若い周雨のパワーと精悍さを見ると、将来の中国を背負う逸材かもしれない。しかし、張、馬、許のトリオはいよいよ強力で4年後リオ五輪がピーク、それまで周や閣安、方博らが挑戦との図式ですか。ペン裏面やカットのジュニア選手も出てきている。恐るべし中国。
    日本のカウンター非パワー戦型に活路は見出せるのか?またの機会に。しかし牛若丸(松健、丹羽、森薗ら)が弁慶(巨躯外国勢)を負かしていくのは痛快です。

    • 影虎
    • 2012年 9月 20日

    影虎はYS11のコメントが正統派かと!現在の卓球界においてフィジカルが世界トップレベルの選手は日本にはいません!水谷選手でもフットワークは世界レベルでも強打は中国にはおよびません!野球、サッカーにスピード、スタミナ、センスを持つ一流の選手を卓球界に持ってくるのは至難の技です!日本の卓球界には日本ならではの選手が育つのです! 呂林さん!もう少しグローバルな視野でコメントできないものでしょうか?ここはこの動画でのコメントサイトだと思うのですが?いかがなものでしょうか?呂林さんのコメントは???

    • 影虎
    • 2012年 9月 20日

    YS11さんへ! コメントで「さん」が抜けていました!

    • 影虎
    • 2012年 9月 20日

    野球、サッカー、ゴルフ、テニスなどの一流選手の稼ぎと卓球選手の稼ぎとでは、あまりにも差がありすぎます。テニスでは大会賞金が数千万円、卓球では数百万円!かなしすぎます?一流の選手なのです!世界のトップクラスなのです!

    • 呂林
    • 2012年 9月 20日

    まさにグローバルな視点で言っているのですよ。フィジカルが世界最高レベルでなくても世界で勝てるなどと思っている世界上位国は日本だけじゃないですか?それはある意味、日本選手の技術レベルの高さの証明でもあります。しかし、もうそれだけでは勝てない所に来ているんじゃ無いですかね?
    CTさんが言う「甘え」とはプレースタイルで何とかなると思っていることだと私は解釈しました。

    ジュニア選手がむやみに筋トレするのは問題があることは承知しています。問題はシニアレベルになっても世界トップに匹敵するフィジカルを持つ選手が出てこない事だと思っています。その根底にはドライブ満さんがおっしゃる「卓球は運動神経がなくても云々」と言う考えが多少なりともあるんじゃないですか?フィジカル向上の努力が他国に比べて足りない事は事実でしょう。それを民族の問題や野球やサッカーに優秀な人材が取られているからというのは、それこそ代表選手に対する冒涜じゃないんですか?

    ここでフィジカルを向上せよと言っている人たちは技術はもう十分だからもっと絶対的な威力あるボールを出せるようになってくれと思っているんじゃないですかね。
    カウンタースタイル大いに結構、だがそれが出来ない時には中陣でのパワープレーで五分に渡り合うベースが無ければ非常に厳しいと私は思います。現時点で前陣に張り付いて威力と安定を両立させる技術、用具が確立されてないので。

    コメント内容が動画と関係ない点はその通りですね。スミマセン。
    問題があったら削除なり、警告なりして下さい。>管理人さん

    • 管理人
    • 2012年 9月 21日

    久しぶりにコメント欄が賑わっていてびっくりです^^。

    まず「トップ選手に試合で勝ってから」となると、「劉国梁監督は張継科に試合で勝ってからコーチングを」なんて暴論にも行き着いてしまうので置いておきまして。「俺はこう思う」「いやいや、こうなんじゃね?」式の自由な意見交換は管理人として歓迎するところです。

    このサイト自体、市民大会レベルのオンリー・草プレーヤー(私です)が趣味で書き散らしているサイトですから、弱い奴は書くな・コメントするなとはとてもとても言えません。何しろ当サイトをご覧の方の圧倒的大多数が私より卓球が強いはずですし(爆)。

    私の記事を筆頭に、中にはちょいと的はずれな意見も出てくるかもしれないですが、まあそこは元々が権威のあるサイトでもなし、NT関係者が見ているわけでもなし、素人の自由な意見ということで重く受け止めずに行ってください。ただ互いの顔の見えないインターネットコミュニティでは、つい筆が・キーボードを打つ手が滑ってキツ目の言葉になりがちですので、「イエス・バット」方式の穏やかな表現はお願いしたいですね。

    で、話題の本筋・フィジカル強化についての勝手な私見を。

    まず「世界No.1を目指す=中国を倒す」レベルの話ということを前提にすれば、「柔よく剛を制す」はボールが40ミリになり補助剤も一応使えなくなった現在、ほぼ不可能なのではと管理人は思います(繰り返しますが、中国トップを倒すレベルの話ですよ)。であれば、打倒中国を目指すNTの選手であれば、アスリートとしてのフィジカルの強さはやはり必要条件かと。日本NTと外国(特に中国)NTがどれほどの筋力トレーニングをしているのかは寡聞にして知りませんが、張継科や王励勤らの鋼の肉体を見れば(写真見たことありますよね・・・)、その差は・・・。

    とはいえ、柔=技術の部分でも中国トップ選手にまだ敵わないのも、これまた厳然たる事実ではあります。心技体全てにおいて存在する差をどう埋めるのかは、正直私ごときには想像もつきません。それが新たな日本式スタイルであるのか、超絶パワーを身につけることであるのかは、結局のところ世界1になるという結果論でしかわかりませんし、そこは「自由に」「楽しく」「予想し」議論していただきたい所です。

    • トム
    • 2012年 9月 21日

    フィジカルやカウンターなども
    大事ですが、どうも日本は補助剤
    の事も考えなければならないようですね(笑)

    • 呂林
    • 2012年 9月 21日

    >管理人さん
    お騒がせしました。申し訳ない。

    >影虎さん
    影虎さんとは意見が合うことが多いのですが、今回は譲れない部分があったので強硬に反論しました。
    ただ、書き方に配慮が足りなかったことは申し訳なく、ご気分を害されたことにはお詫び致します。

    • 影虎
    • 2012年 9月 21日

    呂林さんへ、意見が食い違ったわけではありません!ときどきエキサイトしましょう!
    管理人さまへ、大人げなくエキサイトしました。申し訳ございませんでした。

    • Mimidogs
    • 2012年 9月 21日

    皆さんのエキサイトな意見を見て、感激しております。お互いに本音でぶつかり合い、切磋琢磨することは大変すばらしいことです。このサイトを盛り上げる意味でも。
    さて、個人的には、呂林さんと管理人さんの意見を擁護します。聞いた話ですが、皆さんにご参考になれば幸いです。

    1.確かに中国NT李暁東コーチの話ですかね。昔は劉国梁や孔令輝のようなセンスが良ければ身体能力がやや劣っても(劣るといっても今時代の選手との比較の話だと思うが)良かったが、今はまず採用しない。
    2.卓球中継を務める楊影さんとNTコーチ、OB達から、何回か聞いたことがあるが、水谷選手は天才でボールタッチの良さが尋常でないと評価しながら、最大の弱点はやはりフォアハンドの威力とみんな口をそろえています。ただし、筋力の話だけでなく、フォームにも問題があるということです。
    3.馬龍選手が昨年好調で勝ち続けていましたが、その原因は体力トレーニング強化だということです。ちなみに、皆さんは馬龍がパワーフルとコメントされるのが多いのですが、中国NTの中で、馬龍のパワーが決して高く評価されていないようです。技術のバランス(穴がない)と技術と技術の切り替えのうまさが最高たということです。

    余談ですが、もう一人の天才といえば許シン選手ですね。身体能力(パワー、足の速さ、リーチの長さ)、頭の良さ(センス、状況の判断能力、勝負強さ)が相当すごいと思っています。あとは技術のバランス(特に前陣とバック)を改善すると(その方向へ進んでいるようです)、三拍子そろい、世界最強になるのでは、と見ております。

    • YS11
    • 2012年 9月 21日

    松健と丹羽について、3球目と前陣でたたみ掛ける攻撃、得点が少ないと主導権は取れないかと。ブロック、カウンターはその次かと。後ろで出来るようになると半端になる恐れがどうしてもある(松健のバックドライブや丹羽のロビングという付加価値は魅力にしても)。同様に村松君も攻撃力が付いても打ちミスはいけない。最近、主戦武器カット守備にほころびを生じてはいないか。
    丹羽には王涛や劉国正並(笑)の重さが欲しいと前にコメントしました。それで’きれ’を無くしたら元も子もないのですが。呂林さんでなくとも五輪の男子を見るとパワーが欲しくなりますね^^;それと、始めたばかりのシェーク攻撃型がバックハンドに’甘えて’フットワークが鍛えられない心配は確かにあります。
    さて、コメントの正統派は勿論、管理人さんですよ。自分は動画からどんどん離れることがあります。独自の意見が開陳出来るこうした場は貴重です。影虎さん、卓球の金銭対価が低いこと私はもう諦めました(泣)。この周雨が野球選手ならどれだけお金を稼いだかな。ゴルフなど女子も賞金は高額ですね(妬)。ヨーロッパのサッカー専用スタジアムは大きく綺麗で、満員の雰囲気には痺れます。が、今五輪で卓球女子が驚くほど放映され銀獲得で大注目でした。今後男子卓球も評価されねば。また卓球が国内に於いて、するスポーツ(健康志向)と観るスポーツ両方で活気付いて欲しい。

    • CT
    • 2012年 9月 23日

    すみません。
    なんか僕の発言のせいで、コメント欄が大変なことになっちゃって…。

    • 管理人
    • 2012年 9月 23日

    いやいや、別に荒れたとか炎上したとかいうわけじゃないですし。久しぶりにコメント欄が有意義に賑わってよかったです^^。

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球情報シェークハンズ
ページ上部へ戻る