閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

吉田海偉vsカン・ウィフン 中国オープン2012

中国オープン2012男子シングルス1回戦、吉田海偉vsカン・ウィフンの動画です。順番的には、もう一つの準決勝である馬龍vs王励勤ですが、やはり日本選手を(笑)。


赤いユニフォームの北朝鮮選手、カン・ウィフン。恐らく国際大会初出場なのではと思いますが、北朝鮮は突然ポッとやけに強い選手が出てきて強豪を喰っていく・・・というパターンが多いので、不気味な存在です。

さて我らが日本の吉田海偉、第1ゲームは硬くなっている相手のミスにも助けられ、あわやラブゲームという内容で圧倒。フルスイングした時のドライブの威力は相変わらず凄まじいですね。

しかし第2ゲーム以降はちょっと競った展開に。あっさり第1ゲームを取って、「ちょっとセーブして行こう」という意識が働いたのでしょうか。逆にカン・ウィフンが開き直って、いい攻撃を次々に仕掛けてきます。小柄な体格ながらラリー戦に強い選手ですね。

最後の第6ゲームは、吉田海偉が再びピッチを上げて追撃を振り切りますが、このゲームのプレーは見事。片面ペンとしてのバック技術の巧さは、歴代日本選手の中でもトップレベルかと思います。安定した体幹といい、片面ペンの教科書を作るなならこの人、といいたいような見事なプレーです。レシーブを浮かして3球目を痛打される場面もしばしばありますが、まあそれは昔から指摘されているところ・・・ですかね。

次戦で天敵・水谷隼にストレートで破れてしまいますが、吉田選手のナイスプレーです。

China Open 2012
KANG Wi Hun (PRK) vs. YOSHIDA Kaii (JPN)


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2012年5月30日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • CT
    • 2012年 8月 09日

    吉田海偉選手のラケットは「吉田海偉」。
    いつから使ってるんでしょうか?

    • wei
    • 2012年 8月 09日

    全日本で2連覇した時はどちらもまだ「吉田海偉」ではなく、
    3連覇がかかった全日本で水谷に決勝で負けた際には
    「吉田海偉」に変わっていたと思います。

    • CT
    • 2012年 8月 10日

    ありがとうございます!!

    • CT
    • 2012年 8月 10日

    カン選手のサーブは、フォームがでかいですが、っして回転かかってない感じがします

    • シェイクマン
    • 2012年 8月 10日

    何か自分でも勝てそうな気が…

    っていうのは流石にないですね(苦笑)

    • テナジー719
    • 2013年 6月 04日

    海偉選手、カン・ウィフンのサーブに序盤は苦戦しているようですね。第4ゲームは先にゲームポイントを握りながらも、とられてしまい、悪い流れでしたが、そのあとに2ゲーム連続でとったのは流石です!中盤から、レシーブが良くなりましたね!
    ラリー戦でのコース取り、フォアドライブは見事です!
    今年のチャイナオープン2013にもエントリーしています。
    苦しい戦いになると思いますが、活躍を願っています!

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球情報シェークハンズ
ページ上部へ戻る