閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

フランジスカvs村松雄斗 ロシアオープン

ロシアオープン2012のU21決勝、フランジスカvs村松雄斗の動画です。


フランジスカは去年のヨーロッパジュニアチャンピオンで、このU21の第1シード。ジュニアの割には体格が完全にシニアサイズですね・・・。準々決勝で日本の酒井明日翔を4-2で降し、準決勝では同じドイツで’09ヨーロッパユース2位のフロリッツを4-1で退けています。

第1ゲームは村松くんが圧倒しますが、次第にフランジスカがカットの変化に慣れてくると苦しくなってきます・・・。切れたカットも楽々持ち上げて来ますし、すごいパワーです。

しかし中国トップ選手はこれを上回る力技でも攻めてきますし(実際この間許シンにボコボコにのされてますね)、この先どうシニアトップレベルのパワーに対抗していくか、ですね。丁松のような複雑な変化を身に付けるのか、カットをさらにブッチ切るのか、はたまた攻撃力を強化していくのか・・・。

本人やNT首脳がどういう強化の方針を持っているのかはわかりませんが、今後の成長に期待しましょう。

Russia Open 2012, U21 Final
Patrick Franziska (GER) vs. Yuto Muramatsu (JPN)


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2012年9月28日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • 影虎
    • 2012年 9月 30日

    村松くん、カット打ちが巧く強打の選手に対しての戦術をどうするか?はカットマンの総ての選手に言えることですが難かしい課題です! カットは遅いスピードで切れていても、低く短く、または長く返球できなければなりません。返球が激切れであれ、高く浮くようであれば相手の思うツボです。カットは相手に余裕を与えない低い球筋の早いスピードのカットのほうが相手のミスを誘えるかなと思います(ケースバイケースではありますが)? 世界トップの強打を誇る選手にも強打を打つためには必然的に、ほんの少しの時間が必要になります!そのため、早いスピードのカットは相手に強打させない最大の防御と考えているのですが?しかし、早いカットの短所としてはこれも当然のこととしてミスは多くなります!精度が一番の問題となってきます。
    カットマンの攻撃としては、ゲームをカットマンがコントロール出来ているときは効果がありますが、苦し紛れの攻めは流れを変えるものとはなり難いでしょう?さらに、村松くんのバックは表ソフトとの情報ですが、パワーヒッターへの守備を考慮すれば、バック面の守備は今後の課題となるでしょう?最後に、同じことを言いますが、現在の世界のレベルには攻撃は当然の技術として、カット(カットでの返球のことです。カットマンの攻撃のことではありません)は守るべきものでなく、攻めるものとしての技術も持たなければ世界のトップ選手にはなれないと感じる次第です!草卓球レベルを愛するものが、トップ選手の技術に偉そうなこと言ってすみません。

    • CT
    • 2012年 9月 30日

    >影虎さん
    僕はあなたの意見に賛成です。
    村松選手は裏面に「スーパースピンピップス(TSP)」を貼っているので、だいぶほかのカットマンよりカットは攻撃的だと思います。
    村松選手がもっと筋力をつければきっとすんごいプレーを見せてくれますよ。

    • カッコマン
    • 2012年 10月 01日

    皆さんはじめまして、カッコマンと申します。戦型は名前から察してください(#^.^#). 早速本題ですが僕も「守り」のためのカットではなく、攻撃を生かすためカットとして戦術を組み立てていかないと、世界の、ましてはシニアでは勝ち抜けないと思います。

    • CT
    • 2012年 10月 01日

    >カッコマンさん
    はじめまして。僕はペンドラ(しかも吉田海偉と同タイプ)です。
    「攻撃を生かすためのカット」ですか…。難しいですね。
    みなさん!!この場を借りて、この「攻撃を生かすカット」とはどんなものか議論してみませんか。
    管理人さん、いかがでしょう。

    • YS11
    • 2012年 10月 01日

    動画のリンク先で、気になっていたフロリッツのフランジスカ戦と村松戦(一般)を観れました。カット相手にもあのロビング、傑作です。いま一番のロビングプレーヤーかもしれない?(このままで強くなれば面白い)。巨躯フランジスカはドイツ次世代のエース、フランスの黄金世代(ゴーズィ、ロビノら)の壁になります(当然アジアの脅威に)。
    村松君は楽しみですね。周雨戦のようには一発でやられずに見応えあるナイスラリーです。あの韓国の朱選手並に筋力がつけば、CTさんが述べられたように’すんごい選手’になるかもしれませんね。やはり運動神経、能力が半端ないです。現在高1ですか、来年のパリ世界個人、’14東京世界団体での選考はあるのか!?

    • カッコマン
    • 2012年 10月 01日

    >CTさん
    はじめまして。
    具体的に申しますとヨーロッパで活躍しているワンシ選手
    などがいい例ではないでしょうか。

    • 影虎
    • 2012年 10月 04日

    追加です!高い打点でのカットは早い返球が可能となります!テニスでのアプローチでは低く深くバウンドした後に滑るボールがネットプレーでの得点に繋がります!つまり、打点が高く、相手コートに早くて滑るカットは攻撃のプレリュードだと思います!当然、ワンシ選手よりも高度な技術とフィジカルを有しなければなりますまい!orz!

    • rarara-
    • 2013年 2月 14日

    許シン選手ではなく、周雨選手では。

    • ??????
    • 2013年 2月 14日

    コメント8さん、周雨選手にもボロ負けしていますが、許シン選手にもボロ負けしています。

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ
ページ上部へ戻る