menu
閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

王励勤vsワルドナー ジャパンオープン’97

沈む夕日に昇る朝日の後は、温故知新ということで^^。今を去ること17年前、1997年のジャパンオープン決勝、王励勤vsワルドナーの動画です。


それにしても王励勤が若い!髪型が坊っちゃん刈りっぽくて、今とはまるで別人の趣です。見た目もちょっとひ弱そうですが、実際昔の王励勤はメンタルが脆く、「ガラスのハートの持ち主」、「技は1流だが心は2流」などと国家隊の首脳陣に酷評されていました。その求道的なストイックさから、後年に鋼鉄の肉体と精神を手に入れるわけですが、それはもう少し後の話。

で、’97年といえば、ワルドナーがマンチェスターで全試合ストレート勝ちという、驚異的な内容で2度目の世界チャンピオンになった年ですね。この頃はまさに円熟期といえる時代だったのではと思いますが、特にバックハンドの多彩さが目を引きます。

ドライブはもとより、弾いたり止めたり横回転ショートを混ぜたり・・・。今はこの頃よりボールが大きくなり、こういう技も効果が薄くなったのでしょうが、レシーブからゴリゴリと攻めていく現代卓球とは少し趣が違いますね。

それから、ワルドナーのサーブ。エースとりまくってます。ハンドハイドの禁止は劉国梁潰しとも言われましたが、ワルドナーにも相当大きな影響があったのでは。

21点制、38ミリボール、グルーあり、ハンドハイドサービスOKと、現代とはルールも用具もかなり異なりますが、楽しんで下さい。

1997 Japan Table Tennis Open Men’s Final Jan-Ove Waldner vs Wang Liqin


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2014年12月28日

関連記事

  1. 斎藤清vs岩崎清信 平成4年全日本選手権

  2. リ・グンサンvs松下浩二 世界卓球’89

  3. 荘則棟

  4. ダグラスvsディン・イー

  5. 田崎俊雄特集

  6. 陳龍燦vs若者…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • まさ
    • 2015年 1月 04日

    まず、なにより若い(笑)
    それはさておきワルドナーの動きは美しいですね
    ゆったり動いているようなのですが、きちんと完璧なボールを打てていますね
    無駄がないのでしょうか

カテゴリー

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る