閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

劉南奎&金擇洙

オールドファンにはちょっと懐かしい選手の動画を。片面ペンドライブ型で世界で活躍した、韓国の劉南奎&金擇洙の動画です。

サウスポーの劉南奎は、ソウルオリンピックの金メダリスト。右利きの金擇洙は、言わずと知れた(?)、日ペンペンドラの名手ですね。

ちょうど本家たる日本でペンホルダーが衰退し始めた時期から、入れ替わるように世界で台頭してきた韓国ペンホルダー。鍛え抜かれたフットワークで長所のフォアドライブを生かしつつも、致命的な弱点であったバック技術もまた格段に向上させ、シェークハンドの世界のトップと渡り合ってきました。

ダイナミックなフォアハンドはもちろんですが、両選手ともにバックハンドも恐ろしく巧いし強力ですね。

しかし、当の韓国でも安宰亨→劉南奎→金擇洙→柳承敏と続いたペンドラの系譜は途切れてしまいましたし、今後新たなスターが生まれることも、残念ながら、恐らくないでしょう…。

オールドファンのノスタルジーです(涙)。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 匿名
    • 2017年 8月 21日

    劉南奎、物凄く絵になる選手で憧れでした。結局のところ、ペンはどうしても動きに無理があり、故に絶滅しつつあるのだと思いますが、だからこそ、動きにはアクロバティックな美しさがあり、人を魅了してきたのだと感じています。

    • 2017年 8月 21日

    韓国ペンドラの練習量って想像を超えるものがあったに違いない。

    • グーグー
    • 2017年 8月 25日

    38mmだからなのでしょうが、昔の方がヨーロッパのシェークもダイナミックな感じがします。
    やはりペンドラと引き合うには、様々な動きが必要なのでしょう。
    今のラリーにはない楽しさがあります。

    • もんもん
    • 2017年 8月 28日

    金テスク、凄いですね。超人ですね。
    シェイクとかペンとかを超えてますね。
    いい勉強になりました。

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球情報シェークハンズ
ページ上部へ戻る