閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

中国vs日本(男子) 世界卓球2016

世界卓球2016男子団体決勝、中国vs日本の動画です。


余裕の決勝進出を果たした中国に、今大会の台風の目・イングランドに苦しめられながらも、36年ぶりのファイナル進出となった日本。果たして歴史は変わるのか、注目の一戦です。

順当に行けば中国でしょうが、日本選手も力を出し切って、ミラクルを起こして欲しいですね。

ただ、この観客は何なんでしょうね。昨日まであれほど目立っていた空席が、ぎっしりと中国応援団で埋め尽くされてます…。なんでも冠スポンサーの中国企業が動員したらしいですが、特に卓球ファンでもない方々さんだそうで観戦マナーもクソもなし。女子決勝もそうでしたけど、こりゃいくらなんでもちょっと異常では…。

ともあれ、頑張れ、日本!

1番:水谷隼vs許シン


2番:吉村真晴vs馬龍


3番:大島祐哉vs張継科

2016年3月7日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • あげくのはてお
    • 2016年 3月 07日

    補助剤の問題は置いておいて{重要な問題ではありますが}、異次元レベルチームはやっぱりそうでした。予選から全て3-0ということは、誰一人としてその試合に2回出場した選手がいないということですよね。やっぱり異次元です。

    • なつめ
    • 2016年 3月 07日

    まずは日本男子、銀メダルおめでとうございます。
    しかしやはりというか中国の壁は厚い。水谷の台上もロビングも許にはまったく効きませんし、吉村の強打も馬龍には返されてしまいます。
    観客はもう少しどうにかならなかったのかな、というのが正直な感想です。選手がサーブのモーションに入っても観客は騒ぐのをやめず、日本選手がサーブミスをすると指笛を吹き鳴らす始末です。中国選手は騒音のなかでも集中を保って試合する訓練を受けているそうですが、日本選手のメンタルへの影響はいかほどのものだったでしょうか。

    • 2016年 3月 07日

    すごい歓声だ!ロビング打ちの時の掛け声は迫力があって個人的に好きですがそれ以外の時はなんか笑なにはともあれ中国が最強だと改めて思い知った。差を縮めたい!

    • SHIN
    • 2016年 3月 07日

    水谷選手は中陣以降でのバックハンドの引き合いができるようにならないと厳しいですね・・・
    ラリー戦になるとどうぢても強引な回り込みが多なってきついし、フォアもあく
    チャロフほどでなくても、ボルやフレイタスぐらいには水谷ならできると思うんだけど
    そうすればフィッシュもまた生きると思います

    • グーグー
    • 2016年 3月 07日

    この観客動員は計画されていたのでしょうか。それなら決勝進出を回避したくなります。今回の結果はなんかそんな感じです。
    その一方で日本が決勝進出出来たのは、「2位じゃ駄目」と思っているからです。日本以外の各国も打倒中国で選手強化しないと、打倒中国を目指している日本にすら勝てなくなります。どこぞの国の事業仕訳ではないですが、2位でよいと思えば、1位を目指している国には敵わなくなります。圧倒的な中国と万年2位の日本という構図が固定化しては、卓球界の発展はありません。

    • ちー
    • 2016年 3月 07日

    観客はスポンサー企業が連れてきたんでしたっけ?しかし欧州とちがい、全然人が集まらない。土曜日すらガラガラで決勝もガラガラかなと杞憂しましたから。ガラガラの世界選手権決勝なんてあまりにも悲しいと思ったので、致し方なしとすら思いましたよ。もうマレーシアでは行われないかもしれませんね。馬龍がゴールデンタイムのテレビに出てくるとは、リアルタイムで放送されるとは、感激。男子卓球の面白さは伝わったかな?

    • クワイ
    • 2016年 3月 08日

    中国は基礎打ちの練習からもっと強い球で楽に打ってますから、強打には慣れてますよね。。。日本も強打対強打で楽に続けられるようにすべきですよね。それ以外の要素では、結構いい線行ってるのではないですか。

    • 兎鼠
    • 2016年 3月 08日

    改めて中国製粘着ラバー+ブースターという違反用具の威力を見せつけられた試合だったように思います。
    一刻も早くフェアな条件で試合ができるようになってほしい。
    大会前にボル選手が、中国選手は確実に違反用具を使っていて、試合で不利になると告発しました。
    違反をしている国が看過されていては、フェアにルールを守っている日本、その他の国があまりに不憫です。
    クリーンでフェアな卓球界になることをのぞみます。

    • 匿名
    • 2016年 3月 08日

    用具の問題がいつまでも取り上げられているが、一番簡単で確実な解決策がある。
    両チームの監督、選手、審判、協議委員の見ている所で、大会主催者が用具の用意をし、ラバーの貼り付けをチェックすればいいのである。
    そして、チェックしたものは、そのまま会場入りしなければならなくすればいい。
    ラバーの張替えなんか、人が見ていてもできるし、溶剤の使用がNGであるならば、大会側がNGでない接着剤を用意し、監視のもとに行えばいいだけの話である

    • 2016年 3月 09日

    以前韓国の金選手が用具違反で開催中に失格になったことが
    ありました。たまにはトップクラスぬきうち全員失格とかあっても
    よいかも。インチキはインチキ。

    • 匿名
    • 2016年 3月 10日

    まるで中国だけが違反しているかのような物言いですが
    日本が補助剤を使用していないという保証はあるのでしょうか??
    欧州はサムソノフがみんな塗っていると公言したこともありましたよね
    ほぼ確実に塗っている欧州の選手と中国選手を見てもわかるとおり中国選手が強いのは塗ってる塗ってない以前の問題です
    そもそもグルーが禁止されてない時代でも中国は圧倒的だったわけですから。。。

    ちなみに日本代表クラスで補助剤で失格になった選手もいますね
    大学生なんかは一線クラスの人はほとんど塗っていると聞きました
    実際私の友人の大学ではみんな塗っていました
    今年クラブ選手権に出ましたが優勝候補クラスと当たったときは遠目にわかるほどラバーの厚みが違うテナジーを張っていました
    大○、○羽なんかは打球音が他の人より高いことはいぜんから指摘されてました
    これを見ても日本は絶対補助剤を使用してないと思えるのでしょうか

    • 黒狗
    • 2016年 3月 11日

    欧州選手がみんな塗っているのなら、ドイツのティモ・ボルは大会前にあんな告発をしないでしょう。
    ボルがあんな告発をするくらいですから、ドイツの選手もフェアに、ルールを守ってると思われます。
    当然、日本選手はみんなクリーンで、ルールを守ってやっています。
    やはり違反は中国選手や、中国系の選手が多いというイメージですね・・・。

    • 2016年 3月 12日

    つーことはグルー容認になるのもありかな

    • 匿名
    • 2016年 3月 13日

    コメント11番です
    黒狗さん、残念ながら日本代表に選出されたことのある選手で補助剤が公式に見つかっている選手が私が知っているだけでも二人もいます
    卓球王国の細かいページを見れば結構載っています
    あまり細かいところを見ない私でも二人知っているのですから、もしかしたらもっと見つかっているのかもしれませんね
    ちなみにそのうちの一人は東京選手権の時に補助剤が発覚し、その翌年から大会の検査が任意にかわりました
    抜き打ち検査なのに任意とは・・・という感じです
    >>当然、日本選手はみんなクリーンで、ルールを守ってやっています。
    残念ながら何の根拠もありません・・・
    それは中国が塗っている、ということについても同じです

    >>欧州選手がみんな塗っているのなら、ドイツのティモ・ボルは大会前にあんな告発をしないでしょう。
    これも貴方が勝手にそう思っているだけです
    欧州のほとんどが塗っている実態をよく思ってないからこその発言かもしれませんし、それは彼にしかわからないことで、あなたが勝手に決めていいことではありません

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ
ページ上部へ戻る