menu
閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

M. カールソンvsウェシュ フランスリーグ2017

フランスリーグの試合から、M. カールソンvsウェシュの動画を。


ウェシュは2014年のフランス国内チャンピオン。前陣でのカウンターあり、後陣での粘りあり、ときにはカットまで飛び出すという、非常に独創的な卓球をするオールラウンダーです。

対するはスウェーデンのM. カールソン。フォア表という管理人好みの(笑)選手ですが、こちらは対照的に前陣に張り付いてのライジングパチパチ卓球。コンパクトな横殴りスイングでスマッシュ性のボールを次々と叩き込みます。以前、許シンとかなりいい試合をしていましたが、こちらも異彩を放つ選手ですね。

非常に対照的な2人の対戦は、予想通り前陣で打ちまくるカールソンと、少し距離を置いて粘るウェシュという構図。前半はカールソンの球質に慣れていなかったウェシュも、次第に対応できるようになってきているようです。

いや~、見ていて楽しい、エキサイティングなラリー戦です。

Mattias Karlsson vs Stephane Ouaiche (French League 2017)

2017年1月10日

関連記事

  1. ガルドシュvs森薗政崇 チャンピオンズリーグ2015

  2. デュッセルドルフvsフルダ-マーバーツェル ドイツカップ2012…

  3. 日本vs中国 アジア大会2014

  4. 石垣優香vs森薗美咲 ブルガリアオープン2016

  5. 張禹珍vs村松雄斗 世界ジュニア2013

  6. 中国vs日本 アジア選手権2015

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 元卓球部おじさん
    • 2017年 1月 10日

    おもしろい試合ですねー。
    ふだん見慣れているのとは別の卓球ですが、こういうのもありですね。
    カールソンのフォアのフラット打ちは効果抜群で、ウェシュが何度も返球をミスしていましたが、ネットにかけるどころが台上に落としてしまったのもありましたね。
    試合の後半、ウェシュがカールソンのフォアを嫌って(?)、バックに球を集めているように見えましたが、カールソンはバックハンドも強力でした。ここがシェーク速攻のメリットかもしれません。
    元ペン速攻の私としては、今後もカールソンを応援したくなりました。

    • グーグー
    • 2017年 1月 10日

    バックも強力ですが、これだけ背が高いのに、重心が低いのが凄いです。

    • 匿名
    • 2017年 1月 16日

    音(笑)

カテゴリー

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る