閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

馬龍vs松平健太 アジア選手権2013

アジア選手権2013男子シングルス準決勝、馬龍vs松平健太の動画です。


このところ上り調子の松健、4回戦で香港の梁柱恩、準々決勝では中国期待の若手・樊振東を4-2で退けています。素晴らしい活躍ですね。

で、この試合も松健の調子は非常に良い。メチャクチャ良いプレーを披露しているのですが・・・馬龍はさらにその上を行く圧巻の試合ぶりです。

世界選手権での許シン戦など、松健の前に落とすブロックが連打の芽を摘んでいましたが、馬龍にはあまり効果なし。下がって打ち合おうとする許シンには効いても、下がらず連打してくる馬龍には相性が悪いようです。止めても連打、カウンターしてもさらにカウンター、馬龍のプレーは正に圧巻です。

また、松健の強打もかなりの確率で読まれているよう。国家隊のアナリスト達に研究し尽くされているのは想像に難くないですが、逆モーションに惑わされる様子もあまりなく、よほど厳しいコースを厳しいドライブで突かないと、なかなか得点に結びつきません。あれほどのプレーをしていてなお、「勝ち目ないんじゃね?」と傍から見ていて感じさせられてしまう・・・恐ろしい強さです。

この馬龍(や張継科など)をどう攻略するのか・・・雲上人の世界は管理人になど想像もつきませんが、いつの日かなんとかして欲しい、と願うばかりです。

Asian Championship 2013, Men’s Singles Semi Final
Ma Long (CHN) vs. Matsudaira Kenta (JPN)


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村応援クリックお願いします(にほんブログ村卓球ブログ)

2013年7月13日

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • うたまる
    • 2013年 7月 13日

    マツケン選手も良かったんですけどね…
    中国は選手の能力が高いことに加えて、台頭してくる他国選手への対策にも余念が無いですね。
    中国に勝って大舞台で優勝するには、研究されつくす前に勢いで持ってっちゃうしかないんじゃないですかね(^_^;)

    • x
    • 2013年 7月 13日

    健太選手も良いプレーをしてると思うんですけどねぇ
    ビッグゲーム以外での馬龍の強さときたら…
    3分18秒辺りのプレーなんて反応が神がかってます

    • しん
    • 2013年 7月 14日

    バックサイドに追い詰められてフォアを抜かれるのが目立ちますね…もしバックサイドで回り込みではなくてバックドライブを連発できたとしたら…松ケン期待してます!!

    • がんばれカットマン
    • 2013年 7月 14日

    マツケンはもっとパワーをつけてフォアでもう少し渡り合えるようになれば、と思います。がんばれ。

    • 雑草魂
    • 2013年 7月 14日

    マツケンは近い将来、中国を脅かす選手になりますね!

    • 匿名
    • 2013年 7月 14日

    樊振東との試合もぜひ、

    • 妖怪肝臓いわし
    • 2013年 7月 14日

    これだけのプレーができていても、1セットしか取れないのでは、ため息が漏れますね……
    どれだけ松平選手がブロックしても
    バックハンドをフルスイングさせても、馬龍選手は顔色一つ変えずに
    豪打を叩き込んでいます
    松平選手は選手生命が短そうなので
    早々に対策をして欲しいです

    • No name
    • 2013年 7月 14日

    前に止めるブロック、全く効いてないわけではないと思います。
    許シンくらい馬龍を下げることができればもっと良いのでしょうが…
    できたら苦労してないですね…

    • YS11
    • 2013年 7月 14日

    来年の世界団体’14東京で、このようなラリーが観られるなら大満足です。それは日中での決勝戦がふさわしい。

    • 呂林
    • 2013年 7月 14日

    松健選手、ブロックはそれなりに効いていてチャンスも作っているんですが...日本選手全般にいえることですが一発で得点できる強打がないと厳しいですね。打法、フィジカルの問題なのか、補助剤未使用で不利になってるのか...

    プレーと関係ないけど秦志戟コーチのソリ込み&ソフトモヒカン?が気になったw

    • 馬王林
    • 2013年 7月 15日

    松平選手、いいプレーしましたが、馬龍は更に上をいっています。
    しかし、丹羽選手は馬龍に勝って以来、連敗こそしているものの、必ずといっていいほど馬龍相手に二ゲーム奪っています。今大会では故障やらユニバーシアードやらで団体起用されなかったにも関わらず。
    丹羽選手にあって健太選手にないもの、逆に健太選手にあって丹羽選手にないもの。そして水谷選手のような広いプレー領域。この主な三つを兼ね備えた選手はそうそういませんが、中国を破る鍵はこの三人の中にあるのかもしれません。

    • るちたん
    • 2013年 7月 15日

    映像見てると善戦しているようですが、点差は開いているんですね。
    中盤まで効いていたしゃがみこみサービスも、後半は馬龍が慣れてきているのかな。
    でも馬龍が押し込まれて、ロビングでしのぐケースというのは、対日本人ではあまり見られなかった気がするのですが。速攻の場合は、威力ではなく、厳しいコースをついていくことでも勝機は見出せるのではないでしょうか。

    • ケンちゃん
    • 2013年 7月 20日

    近い将来じゃなくてもう脅かしてるだろ

    • nitraider
    • 2013年 7月 20日

    呂林さんも言ってますが、マツケン選手にしても、水谷選手や丹羽選手にしても、一発の強打がほしいですよね。例えばこの3選手はいずれも相手の強打を利用することが多い(カウンター、フィッシュなどですけど、これらは非常に大きな武器になる分、リスクも大きくなると思います。日本選手が中国選手と試合すると、日本選手のボールは大体ブロック、カウンターされますよね。対して、中国選手はみんなカウンターの決定率はハンパじゃないですけど、一発で打ち抜く力もずば抜けてますよね。それだけで勝ってるわけじゃないと思いますが、近年の試合はこれが多く言える気がします。

    • 卓球王
    • 2013年 8月 02日

    やはり日本人選手はもっとパワーをつけて連打できるプレーがあれば中国選手にとっても脅威になると思います。

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ
ページ上部へ戻る