閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

樊振東vs水谷隼 アジアカップ2017

西ではヨーロッパ選手権が進行中ですが、東ではアジアカップがインドのアーメダバードで開幕。準々決勝の樊振東vs水谷隼の動画です。

水谷選手はかなり調子が良さそう。グループCは水谷選手に中国代表の林高遠、世界選手権銅メダルの李尚洙、インドのアチャンタと死のグループの様相を呈していましたが、軒並み打ち倒して堂々の全勝1位通過です。

対する樊選手、グループリーグで丹羽孝希を3-1、香港の何鈞傑をストレート。しかし台湾の陳建安にはフルゲームまで迫られる大苦戦、全中国運動会で最も多くの試合を戦った選手だけに、さすがに疲労の色は隠せないか…。

この樊vs水谷戦では、特に水谷選手のブロックとバックハンドが冴えに冴えています。バックドライブで得点するシーンが非常に多いですが、新境地を見せている感がありますね。しかし逆に、フォアドライブはカウンターではたき落とされる場面が多し。

カメラが細かく動くので、映像を見ていると酔ってしまいそうなんですが(笑)、試合はカメラワークのまずさを忘れさせる素晴らしい内容、これは必見です。

Fan Zhendong vs Jun Mizutani (Asian Cup 2017)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • east
    • 2017年 9月 17日

    さすが水谷選手、戦い方の幅が広い。馬龍選手を参考にしているように気がします。どの選手も樊振東選手専用の戦い方を用意しないと勝てないレベルに感じてしまいます。

    • TMN
    • 2017年 9月 17日

    水谷選手は2ゲーム目以降両ハンドともにクロスを主体に組み立てる戦術だったように見えますが、よくはまっていますね。樊振東選手は両ハンドのカウンターが対応不能レベルの脅威ですが、うまくカウンターを打てないよう水谷選手が抑えていた場面が多数ありました。
    馬龍選手の対樊振東選手戦の配球を研究し、どうすれば相手の特長を消せるか戦術をよく練って臨んでいるように見えました。

カテゴリー

スポンサードリンク

卓球情報シェークハンズ
ページ上部へ戻る