menu
閉じる
閉じる

卓球強化書3│一流の技を動画で学べ!!

中国vs韓国 世界ジュニア2015

世界ジュニア2015男子団体決勝、中国vs韓国の動画です。


テロの影響で日本は不参加となった世界ジュニアですが、決勝戦は中国vs韓国。中国はグループリーグでルーマニアとポーランド、決勝トーナメントでスウェーデンとフランスと下して決勝戦。ルーマニア戦で王楚欽が1点を落とした以外は、全てストレートで勝ち進んでいます。

対する韓国は、グループリーグでドイツとチェコ、決勝トーナメントでスロベニアと香港を沈めています。

オーダーは1番:王楚欽vs安宰賢、2番:劉丁碩vs趙勝敏、3番:薛飛vs黄民夏です。

1番:王楚欽vs安宰賢


2番:劉丁碩vs趙勝敏


3番:薛飛vs黄民夏

2015年12月6日

関連記事

  1. 張本智和vs趙勝敏 世界ジュニア2016

  2. 唐鵬vs樊振東 アジアカップ2015

  3. 許シンvs梁靖崑 直通東京

  4. 李平vsマテネ アジア・ヨーロッパ対抗戦

  5. ティモ・ボルvsワン・シ 

  6. パーソンvs水谷隼-オフチャロフ 高雄招待杯

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • 卓球好き
    • 2015年 12月 06日

    中国のチームの選手を見て全体的にフォアが大振りな気がします。
    何世代か上ではここまでスイングが大きくなかったと思うのですけどこれが今の中国の流行なんでしょうか?
    (馬龍選手など振りでかいよとかは勘弁してください)

    • オールラウンダー
    • 2015年 12月 06日

    素直な気持ちをコメントします。これってジュニアのレベルですか?又、この先20年ほどアジア勢が敗退するなんてことはちょっと考えられません。特に中国チームは異次元です。

    • 粒粒
    • 2015年 12月 07日

    すごいですね
    現代卓球そのものを見た気がしました

    • のろまな鎧
    • 2015年 12月 07日

    今年の中国男子チームはレベルが低かったですね。
    おそらく将来、世界代表に食い込んでくるような選手は誰一人いないでしょう。
    ただ、その中国男子を脅かすチームもなく今年は史上最も退屈でレベルの低い世界ジュニアだった気がします。
    三部君、及川君は今回の中国ジュニア代表にはアジアジュニアでは普通に勝てていたので不参加が残念です。
    中国にとっての「空白」にあたる世代の世界ジュニアはなんとしても参加したかった。

    • トン
    • 2015年 12月 07日

    レベル低くないマロンとオフチャロフ倒した奴出てるし!そいつは3位。後中国の天才樊振東と去年世界ジュニアとジャパンオープン優勝した于子洋もまだ高校生ですし!決勝で水谷倒したし!

    • モクポク
    • 2015年 12月 08日

    のろまな鎧さんに意見に少し賛成ですかね、
    あくまで一個人の意見としては、レベルは去年などに比べては高くはなかったと感じました。

    • トーマス
    • 2015年 12月 08日

    お前ら見る目ないなw去年世界ジュニア3位だった二人が出てるのに何で去年よりレベル低くなってんだよ(笑)見る目がないんだよwその二人にくわえて王楚欽は馬龍とオフチャロフに勝ってんだぞw

    • あげくのはてお
    • 2015年 12月 08日

    羨望も願望も抜きにして中国チームは強いと思います。レベル云々あっても強いと思います。

    • 坊や
    • 2015年 12月 08日

    バックのレシーブミスが無ければ!

    • east
    • 2015年 12月 08日

    韓国選手のプレー、特に第一試合の安宰賢選手は非常にきびきびしていて強いなと感じたが、試合全体でみるとやはり中国のほうが安定した試合をしますね。

    • YS11
    • 2015年 12月 08日

    ルーマニア戦で一点落としたのは王ではなくシュエ飛ですよ。
    両者は15、16歳で体格に恵まれ、見て楽しいプレー、将来は中国代表の可能性が高いのでは(日本にとっては脅威)。
    確かに王チュチンはアジアジュニアで団体は及川、シングルスは三部にどちらもフルゲームヂュースで敗れています。しかしこの試合は安の思い切ったカウンターに1ゲーム目を落とすもしっかり逆転勝ち、対スェーデン戦あのシェルベリにも1番できっちり勝っている。世界トッププレーヤーを負かしたこともある王は2000年生まれのまだ中学生?です。

カテゴリー

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る